長期優良住宅

長期優良住宅は平成21年(2009年)に国が定めた、これからの住まいの標準仕様です。次の4項目が必須とされていますので、初めてマイホームの方にも安心です。

1.長期にわたり維持管理がしやすい。
2.耐震性が高い住まいとなる。
3.省エネが高い住まいとなる。
4.家の劣化対策が出来ている。

上記のように、住まいの性能がハッキリ判ります。そして、100年とは云いませんが、2世代にわたり住まうことが出来ればコストも2分の1になるわけです。

消費税アップ、相続税の変更、諸物価の値上がり・・と我々国民の負担は上がることはあっても下がることは有りません。

住まい(不動産)だけに大金を掛ける時代は終わりました。お洒落もしたいし、旅行にも行きたいし、たまには旨い物も喰べたいし、オット忘れてた親孝行もネ。

よいものを長く使う、その結果・・コストも下がる。そんな住まいづくりのお手伝いを致します。